×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームという言葉がずいぶん取り沙汰されていますが、このメタボリックは代謝を意味し、シンドロームは症候群という意味なのです。メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症のことで、単に内臓脂肪が多い状態というだけでなく、高血圧、高血糖、高脂血症などの生活習慣病を発症している状態を指します。

メタボリックシンドロームに陥ると、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす元になり、実際に体脂肪率が高めの人は気を付けなければなりません。日頃の悪い生活習慣、つまり運動不足や食べすぎなどが引き金となって起こるものといわれています。この予防策としては、日頃からジョギングなどの有酸素運動をしたり筋肉トレーニングをすることで運動不足にならないようにし、食生活も整え、身体に蓄積してしまった脂肪をなくすことです。

メタボリックシンドロームは、40歳を超えると急増するそうです。その疑いがある人を「予備群」と言いますが、食の欧米化などで、年齢に関係なく若いうちからも注意が必要だとされています。とにかく体脂肪が増えてしまうことは、メタボリックシンドロームを引き起こす原因になっていることは間違いありません。体脂肪が身体にたまっていくのは、人が生きていくために必要な機能で、それはひとつの人間の本能なのです。

生まれながらにして太りやすい、体脂肪を貯めやすいという人もいて、そんな肥満遺伝子というものを持っている人は、そうでない人よりもさらに真剣に食生活を改善し、整えていく必要があるでしょう。運動不足や過食などであまりに脂肪がたまってしまうと、身体には悪いことばかりですから、とにかくそうなる前に予防措置を忘れないようにしましょう。こんなメタボリックシンドロームを招かないために、体脂肪率は常にチェックしておくことが大切です。

関連サイト


メタボリックシンドロームのおすすめリンク
Yahoo! JAPAN Google リンク集
Copyright © 2008 メタボリックシンドローム All rights reserved.
- ホームページSOS -